RECRUIT BRANDING

採用ブランディングの必要性と事例

事実上の規制無し、活動方法も多様化する採用シーン。
母集団形成はままならず、内定辞退、早期退職の連続で、
企業は次世代を担う人材確保に危険信号が点り、
成長戦略も描けないほど採用は大きな経営課題。

そこに経営レベルで取組む「採用ブランディング」が、
この状況を改善に導くヒントを秘めています。

1. 多様化と混沌の採用活動シーン

採用難が叫ばれて久しい状況となり、大学新卒のみならず、高校新卒においても、企業は恒常的に困難な採用活動を余儀なくされています。
そんな中で、採用活動に関する経団連指針は、2022年採用から継続しないことが言明されており、それを待たず現状ではもはや事実上の通年採用が進んでおり、経団連加盟上場企業含め、企業裁量の採用活動となっています。
企業はいかに早期に学生とコンタクトを持ち、いかに多数の内定者を確保するかが採用活動の目標と言えます。
その戦術の一つがインターンの開催です。
学生の夏休みの8月にピークを迎え、翌年1月以降も続きますが、ここでいかにターゲットの学生を多数リストできるか、場合によっては内定まで漕ぎ付けるか。

さらに中小企業にとって、大企業の通年採用はますます苦境に追い込まれます。これに秋採用、年末採用、直前採用と称して人材会社主催の合同説明会等のイベントがなされ、採用シーンは一層混沌としていくことが懸念されます。

2. 脆弱な母集団・内定辞退の連続

その結果、母集団の絶対数が確保できないことや、内定を出しても辞退者の連続となったり、さらには入社に至ってもミスマッチと称して、早期退職となったり。
このことは特に後塵を拝する中小企業だけでなく、大手企業においても珍しいことではありません。

大企業、有名企業志向の強い昨今の学生の中には、2社〜3社どころか、5社、8社...と内定を取り付け、最も条件の良い企業に入社意思を示し、あとは辞退...
新卒就活生は雇用条件とネームバリューだけで会社を決定する、如何なものか、何かいわんやという感じです。
要するにそういう事情の辞退者は、どうやっても辞退します。

しかしながら重要なのは、自分の職業観や意志をしっかり持つ意識の高い、さらに入社意思も強い自社への共感を強く持った学生は、少なことも彼ら・彼女らのハートをしっかりとグリップし、本来辞退しなくて済む学生まで、辞退やミスマッチを発生させてしまうことは避けなければなりません。

逆に言うと、少なくともこのような学生までも逃すことのないような手立てをとること、ここからこのテーマの採用ブランディングに徐々に入っていきます。

3. 採用メディア・ツールに欠けている要素

とは言うものの、どうやって少しでも学生の心を掴むか、共感に導くのか。
そこに打つ手無し、座して負けを待つ、そういうわけにはいかないと思います。

当年の採用目標設定や予算化をから、採用計画を策定し、採用ナビ出稿、合同説明会出展、インターン開催計画、人材会社手配、大学・高校訪問計画、試験・面接計画...
これにそれらで使用する採用各種ツール類の準備。
その内訳は、
採用パンフレット、会社案内、採用サイト、採用動画、合説会場ブースの各種ツール、リーフレット、ノベルティ、PPTテンプレ等々。

これらの計画内容やツール類はこの時点では、あくまでも計画やツールにしか過ぎず、例えばその採用ツール類のコンテンツは、

活気があり明るい社内の雰囲気、
社員のイキイキとした活躍ぶり、
屈託のない社員同士の対談、
人事部長のカジュアルなメッセージ...

これはこれなりに形式的コンテンツとして必要なことは否定はしませんが、そこに就活生や求職者に訴え、共感を誘うべき企業の本質やビジネスの強みに関する情報、という観点からは前項のような意識の高い学生には不足している、と言わざるを得ません。

むしろそのタイプの学生は、自身が身を委ねるべき企業の実力は事前に熟知しておきたいし、自分が携わる仕事に関する情報は、可能な限りたくさん欲しいもので、いくら強い売り手市場とは言え、企業を深く理解することに飢えている、といってもいいでしょう。

4. 採用ブランディングの狙いと効果

01)採用ブランディングの狙うもの

ではどのような考え方で採用活動を進めればいいのか?

ここで導入したいのが、採用活動を戦略的なブランディングとして取組む、採用ブランディング。
弊社では、この採用ブランディングに対し、最終アウトプットとなるのクリエイティブを通じて実現していきます。

一旦ここで、採用ブランディングの定義を明確にしておきます。

まず、採用ブランディングに取組む魅力とは、発信する企業側ではなく、受け手である就活生・求職者側に醸成されるものです。
それは新卒大学生だけでなく中途・キャリア人材、新卒高校生、第二新卒等、求職者全てが対象となります。

その狙いは一言で言えば、
採用市場において、求職者がその企業で働きたい、入社したいと思う企業の魅力を創り出すことと言えます。入社後も大きな齟齬は無く、企業へのロイヤリティを保持させます。

その魅力とは一例ですが、
取扱う製品やサービスの強み、
労働環境・福利厚生・人材教育制度の魅力、
働く社員の魅力、
創業者や代表者の魅力、
さらに企業全体の包容力等。
それらの魅力が、競合や他社への「差別的優位性」「独自性」となり、企業の無形資産として確立・蓄積され、発信力を持てば、求職者に強い共感を与え、企業が求める人材を獲得しやすくなるというものです。

02)経営課題にまで格上げ

さらに採用実績の結果如何が、企業の将来の存亡をも左右する、といっても過言ではないほど、確実でバランスの良い新卒採用、それを補填する中途採用は、単に人事・採用部門任せだけでは、もはやこの採用難を解決できる状況ではありません。

企業の持続的成長の責任を果たすのは社長や経営層です。

弊社では採用メディア・ツールの展開を承った場合、経営レベルで格上げした、採用ブランディングの取組みを提唱しています。

それは例えば、創業・起業に遡る企業のルーツ、未来に向けた成長戦略・事業ビジョン、ビジネスモデルの価値、人材開発や登用...これらは意外と人事・採用の一般社員では語りきれないことが多く、やはりこの手のテーマは企業のトップクラスでないと、迫力のある、本質に迫る、説得力のある、また一方就活生・求職者を共感に導く採用ブランディングの概念にはなりにくいと言えます。

まさにこれらのことが他の企業には無い、唯一無二の独自の情報やエピソードであり、ブランディングたる所以です。
これが前述した「意識の高い就活生・求職者」には非常に刺さるネタとなります。

ただここで重要なのが、
いくら頭のいい優秀な学生であっても、実社会の専門情報、ニッチな業界情報など、それらを誇らしげに語っても、実は彼らはその真意を理解するまでには至らず、その価値が正確に伝わっていない場合もあり、イメージできないのでは宝の持ち腐れ、となってしまいます。
言わばこのような状態は、内定辞退、ミスマッチ早期退職の憂き目に遭遇することの助長要因となります。

従って、クリエイティブの手法で、いかに丁寧に咀嚼して、いかに彼らに理解しやすく、また視聴覚に訴えるかが、採用活動のその後を決定づけるといっても過言ではありません。

03)採用ブランディングの効果

ではこの採用ブランディングを企業が採り入れ実行すると、どのようなメリットがあるでしょうか?
概ね以下の6項目に集約されます。

1. 競合他社との差別性

競合や他社とは一線を画す存在感を持てる。特に寡占市場や違いが顕在化し辛い業界、企業の場合、その中においてアドバンテージを顕在化できます。
ニッチな業界、素材産業など、外部から製品やサービスが見えにくい企業の場合、特に効果を高めます。

2. 意識の高い・マッチング度の高い求職者を獲得

前項でも言及した意識の高い求職者への深い企業理解・共感度の向上が図られ、採用したい人材、求める人材へのミスマッチや内定辞退の削減にも効果。

3. 母集団の増加

企業のプレゼンスやコアコンピュタンスの発信力が高まり、市場での認知度向上、露出度アップが図られ、母集団形成に貢献。

4. 内定辞退の削減

内定辞退の原因は、求職者の複数社からの内定獲得に伴う選択肢の多さ、また内定通知後に求職者が精査することにより辞退するケース。この求人難の状況から一定の辞退は織り込むことは避けられないが、意識の高い、求める人材まで逃してしまうことを抑止できる可能性が高まる。

5. 入社後の定着率向上

企業への愛着や深い企業理解から、入社後も企業へのロイヤリティが持続し、早期退職の削減、定着率を高めます。

6. 採用総コスト削減

母集団を増加させ、内定辞退を削減し、入社後の定着率をアップさせることに伴い、採用活動へのコストを必要以上にかけることなく、同時に人事採用担当の労力も削減できます。

5. 採用ブランディングの戦略策定

01)採用ブランディング導入にあたっての現状分析

現状認識

採用ブランディングを取組むにあたって、最も重要なフェーズであり、ターゲットが就活生・求職者ですから、BtoCマーケティングの要素が大きく、戦略立案のための現状認識や調査・分析を欠くことはできません。
一定の仮説や方向性が出せるまで、十分に時間を使ってリサーチ、分析とヒアリングやカウンセリング的なファシリテーションを重ねます。
プロジェクトのロードマップを策定しますが、場合によっては時限に囚われず、許す限り時間をかけ、客観的で丁寧なリサーチで臨みます。

【企業基本情報】
経営・事業戦略、CI、創業、業容・事業内容、製品・サービス、組織・社員...等の基本情報、
もちろん過去の採用活動実態・採用実績もここに加えます。

【業界・マーケティング情報】
「差別的優位性」を確立する最も重要マターとなる、
業界マーケット、商圏、シェア、競合、市場・顧客の評価...等の調査。

【労働環境・福利厚生・人材教育制度】
企業の魅力、製品・サービスの強みがあっても、入社後の働く環境・福利厚生・人材開発制度などの現状をつぶさにリサーチします。

【媒体展開・クリエイティブ】
さらに、現在展開している採用サイト、採用パンフレット、採用動画等、各種の採用ツール展開の実態を把握します。

これらの情報・データは必要に応じて、強み・弱みを顕在化させる3C分析、SWOT分析などを経て、次の段階に向かいます。

02)採用ブランディングの戦略策定

以上の現状認識で得られた情報・分析データから一定の方向性が見えてきます。
自社の差別的優位性、強み・弱みが明確になり、就活生・求職者に訴求すべき要件が定義されていきます。その上で彼らを共感に導くシナリオを策定し、プロジェクト全容のグランドビジョンを描きます。

しかしながら、場合によってはこの時点で、異なる側面の自社が見え、全く考えもつかなかったブランド戦略になることもありえますので、弊社からのご提案を精査いただきます。

特に採用ブランディングそのものの中核をなすものは、企業・組織・社員であり、企業ブランディングの採用版とでも言えるほど、共通する要件定義となることが多いため、やはり企業の強みや特性、業界・マーケット情報、製品・サービスの特徴、競合事情...等を踏まえたコンセプトメイクとなることが多いと言えます。

6. 採用メディア・ツールのクリエイティブ展開

現状認識を踏まえ、実践的な戦略策定から、いよいよ採用メディアや採用ツールの選定、投入計画、さらにそれらのクリエイティブへの展開に進んでいきます。

01)クリエイティブコンセプトの策定

前項の採用ブランディング戦略を受け、採用メディア・採用ツール展開のためのクリエイティブコンセプトを立案します。
その具体的な落し込みとして、
コンセプトテーマを設定、コミュニケーションメッセージ、スローガン、タグラインなどで言語化します。
視覚化手法として、デザインコンセプト設定からキービジュアルの策定を行います。

このように言語化、視覚情報化することから、採用メディア、採用ツール類のクリエイティブ方針が決定されます。

02)採用メディア・採用ツールの選定

これと同時に、策定された戦略やコンセプトに基づき、採用メディア・ツールの選定、展開計画を決定します。
戦略の思想を反映させた採用サイト、採用パンフレット、採用動画はじめ企業説明会ツール、バラマキツール、さらには交通広告、雑誌広告等のマス広告やプロモーションまで、そこで展開されるクリエイティブ媒体を包括的にプロデュースします。

03)採用メディア・採用ツールのクリエイティブ

ここでは以上で策定した採用ブランディングの戦略コンセプト、クリエイティブコンセプトを反映し、踏襲することを前提とした採用メディア・採用ツール制作のあり方です。

採用サイト・採用LP

就活生・求職者がサイトに直接アクセスするには、興味・関心のある企業、知名度の高い企業以外、社名を特定してサイトアクセスするケースは非常に少なく、採用ナビ経由、業界検索でのアクセスが多数となります。
しかしながら、採用ナビでは語りきれない、オウンドメディアの採用サイトならではの独自情報や、後述の採用動画をTOPページにエンベッドするなど、リアルで直感性を高める演出により、採用ナビとは大きく異なる差別性が出せ、その存在感や価値が高まります。
そういう意味では、母集団を増やし、エントリーを増やす手法としては【採用ナビ→採用サイト】のリレーションを想定して、その機能強化を図ることも視野に置きます。
情報量としてはWebというメディア特性を活かし、可能な限り採用情報の最大化を図ります。
またLP(ランディングページ)形式で、簡潔に情報集約して発信することも、ケースによっては効果的です。
PC・タブレット・スマートフォンのマルチデバイス対応は言わずもがな必須ですが、HTML5やCSS3.0の導入で魅力的な演出や装飾を可能としたことで、前述のLPでもページ内で様々な表現力を実現できることから、限られたリソースでも企業の魅力をきちんと発信でき、一考の価値は十分あると言えます。

採用動画

採用メディアの中では最もエモーショナル性の高いメディアと言えます。
それだけに最も適した活用シーンは何と言っても企業説明会、合同説明会。
視聴覚両面において、発信する情報量の多さ、それを即座に感性に訴える、という機能・情緒への二面性を備えたメディア特性は、ブースに来場した就活生・求職者への強いインプレッションとなります。
これらは前述の採用サイトや後述の採用パンフレット等、他の媒体にない秀でた特徴だと言えます。
その反面、その場の瞬発性はあっても継続性が無く、再度視聴することは困難なことが多いようです。
そう言う意味では、前述の採用サイトとこの動画をドッキングさせることにより、強いメディア連携になることがわかります。

採用パンフレット・入社案内

情報を最大化した採用サイトとの関連で、採用パンフレットでは限られた紙面構成から、情報の絞り込みをし、採用サイトとは用途や目的から一定の棲み分けをします。
その特徴は、前出2つのメディアとの比較で唯一、持ち運びの利便性と、その場でいつでもどこでも即座に閲覧できるという即時性です。
その使用シーンの主体は、企業説明会、合同説明会での配布であり、その企業ブースで受けたそれ以降のリマインド効果に非常に優れ、常に携帯でき、じっくりと読み込むには最も適しています。
それだけに企業の本質に由来する情報を中心とすることが、その役割からして適性が高く、コンテンツとしては、ビジネスモデルの強み、独自性の高い技術力やサービス力、創業・企業のルーツや社史情報、社会貢献性...などが挙げられます。
採用サイトで惹きつけ、説明会場の動画で共感を得、その共感を採用パンフレットで持続させる、まさに採用メディアの連携による三点セットと言え、クリエイティブ主導の採用ブランディングの根幹をなすと言えます。

【採用パンフレットの有効活用】

採用パンフレットは説明会場で配布するだけで、あとは持ち帰って見といてください、というのは恐らく見ないか、もしくは見ても会場ブースでの話とリンクしない、など有効な活用とは言い難いものです。
弊社では活用方法の一手段として、ブース内で会社説明をする際、この採用パンフレットをテキストとして使うことも有効と考えています。その際、採用パンフレットのコンテンツを、説明プロセスやストーリーに合わせて制作するということになります。

企業説明会演出ツール

ツールの主体となるのが、バックパネル、トップパネル、タペストリー、スタンドパネル、のぼり、椅子カバー、テーブルクロス、ポスターなどです。
そこで表現するデザイン、コピーは採用サイト、採用動画、採用パンフレットとのメディアミックスが必要です。つまりワンソース・マルチユースの表現の共通化によるブランドイメージ統一です。

会社案内

会社案内は企業情報のオフィシャルな多目的広報媒体ですが、採用広報目的でも一定レベルで機能します。ただ就活生・求職者向けへのメッセージ性、社員、仕事・職場紹介、社内活動という側面では、必ずしも会社案内の要件ではないため、採用パンフレットや入社案内との棲み分けが必要です。
つまり就活生・求職者マターにチューニングされた採用パンフレット、また企業の信頼性、企業基盤の裏付けとなる公式媒体の会社案内、この両媒体の役割を明確に区分し、コンビで配布するというのも選択肢です。この場合、ダブルポケットのフォルダーで一体化させ配布することで、丁寧な企業姿勢を示すことができます。
また一方で、会社案内自体を採用向けにチューニングし、ハイブリッド機能の「採用にも使える会社案内」として合理的な方法と言えます。

コーポレートサイト

会社案内とその位置付けは似通っている点がありますが、やはり就活生や求職者が採用情報にアクセスしても、企業のオフィシャル情報は必ずと言っていいほどチェックします。
それだけにコーポレートサイトといっても、彼らにしっかり審査されていると考えた方がいいでしょう。従ってコーポレートサイトも採用ブランディングの枠組みの中で捉えられるべきです。
特に採用サイトとしてコーポレートサイトから独立させている運用の場合、採用サイトからコーポレートサイトへの導線を強くする必要があります。

キャラクター・マスコット開発

採用メディアではありませんが、採用活動に巧みに取り入れ、就活生や求職者との接点として存在させる考え方です。ゆるめのキャラクターや企業の象徴となるようなマスコットは、その接点をソフトに演出でき、就活生・求職者のアクセス障壁を軽減化する役割だけでなく、企業への好感度・イメージアップに大変効果的で、立派な採用ツールと言えます。

リーフレット

合同説明会の会場でのハンディング活動に使用します。いわゆる”客引き”ツールです。もちろん客は就活生・求職者で、開催によっては禁止されている場合もありますが、越境しない自社ブース前での行為として実行します。ゲリラ的な手法ですが、積極的にうまく使えば、自社ブースへの誘客に効果的です。

ノベルティ

企業説明会、合同説明会で来場した就活生・求職者への特典やリマインドとして、ノベルティ類は有効です。しかしながら安易なステーショナリーや配布物入れの紙バッグ、その他のグッズは、ケースによってはあまり感心しません。おそらく多数の企業から同様のモノをもらうこととなり、屑箱送りということでは全くの浪費です。企画段階で事前に精査が必要です。

PPTテンプレート

会場でプロジェクターやモニター使用で説明資料として使用する、PPTテンプレートといえども立派な採用活動ツールです。テンプレートデザインも戦略コンセプト策定時に決定したキービジュアルやデフォルトデザイン、またキャッチフレーズ、タグラインがレイアウトされたオリジナルテンプレートが採用ブランディングの主旨にかなっています。
少なくともありモノの汎用のものを使用することは避けたいものです。

BLOG・SNS

人事担当者BLOGだけでなく、例えば製造業であれば研究者・開発担当など、製品開発に携わる日常のエピソードや苦労話などは、オモテに出にくい企業の一面やホンネの情報が浮き彫りになって、なかなか求職者には伝わるものあり、むしろ企業によっては求職者とのコミュニケーションに積極的に利用するケースも出てきています。

04)クロスメディア・マーケティング施策

クロスメディア

前項ではメディア単体のクリエイティブについて詳説しましたが、クリエイティブという側面は確保しつつ、これらの各メディアを連携させたり、関連付けて、母集団・エントリー増やインターン・企業説明会への誘導など、成果につなげるプロモーションとして、機能的に運用しようというものです。
これもやはり採用ブランディングの狙いとして実行するプログラムだと言えます。

メディアミックス

この採用ブランディングの章で何度も出現する、ブランドイメージの統一、という採用ブランディングの概念の中で、特にクリエイティブについては、キービジュアル、デザインテイストやカラーリングだけでなく、コピー表現の細部の語彙やコンテクストに至るまで、各メディア・各ツール間で共通化を図ることで、首尾一貫したそのスピリットが保たれることになります。
これをメディアミックスといいますが、いわゆるワンソース・マルチユースの概念は揺るぎなく踏襲させます。
例えば、【採用サイト → 企業説明会採用ブース → 採用動画 → 採用パンフレット】全てのクリエイティブに統一デザイン、統一コンテンツを使用すると、採用ブランディングの効果を一層高めます。

コンテンツマーケティング

採用活動にコンテンツマーケティングの手法を活かすことは、特に珍しいことではなくなりました。前出のBLOGやFacebook、ツイッター等SNSを活用し、効果的に細めに情報発信することで、特に新卒就活性とのインタラクティブなコミュニケーションに活かせるだけでなく、口コミや情報拡散にもつながり、そこに新たな母集団を形成することにも一役買います。学生や高校生はむしろSNSを活用したコミュニケーションに慣れており、好んで使いこなしているためです。

7. 採用ブランディングのクリエイティブ事例

CREATIVE CASE|クリエイティブ実績紹介

事例-01 株式会社リスコンス 様

自分の人生を生きる

自分の目標が1番、会社は2番でいい。

業界イメージを払拭するほど、
社員ファーストの社風が心地良く、
倫理と使命感に富んだ不動産ベンチャーの、
採用ブランディング。

CREATIVE
  1. 1. 採用合同説明会のブース演出ツール一式
    バックバナー・スタンドバナー・椅子カバー・ポスター・テーブルカバー
  2. 2. 採用パンフレット
企業紹介

所在地/東京都中央区
業 種/不動産売買・代理・賃貸・仲介
年 商/43億円


概 要
2007年の創業から10年を超え、着実に業績を伸ばし成長を遂げている、不動産投資物件の売買・仲介を事業とするベンチャー企業。ネガティブな印象を持たれてしまう業界の中で、同社様は非常に誠実で倫理観を重んずる企業風土。さらに「自分の人生がの目標が一番、会社は2番」と明確に主張するほど、社員ファーストの方針をとっている。これらの企業姿勢が社員の能力を育み、企業成長の原動力となっている。

CREATIVE 01

企業説明会ツール

制作コンセプト

飾ることなく、シンプルに、
ありのままの姿を示す。

寒色系で高級感や重厚感ある色を求めることが主流の不動産業界の中、なかなか業界では珍しい黄色のコーポレートカラー。これを会場ブースのコンセプトカラーにしない手はない。
また会場での露出度を高め、学生や求職者の眼を引く派手な演出をする企業が多い。
しかも業界的にはネガティブな見られ方がされていることに、同社様の企業コンプライアンスや、倫理観を重視する誠実な企業姿勢、社員ファーストの社風、などからアンチテーゼ的なブランドコンセプトとした。
そのスキームは、明るくオープンなイエローを基調にし、学生・求職者へ語りかけるメッセージを大きくタイポデザインにし、ブースの各種ツールに反映させることとした。
その主張となるコンセプトメッセージを、
「自分の人生を生きる」
「人生の目標が1番、会社は2番でいい。」
という社員ファーストに振った打ち出しとした。

【導入ツール】

バックバナー、スタンドバナー、椅子カバー、テーブルカバー、ポスター

ツール実績

合説会場の同社様のブースレイアウト全景

1コマのミニマルなツールのパースデザインだが、イエロー基調のシンプルなデザインが、むしろ就活性・求職者に語りかけるコピーメッセージが引き立つ。

  • ブースのバックパネルに掲げる「バックバナー」
    ブースのバックパネルに掲げる「バックバナー」
  • ブースの両サイドに配置する「スタンドバナー」
    ブースの両サイドに配置する「スタンドバナー」
  • 就活性・求職者が腰掛ける「椅子カバー」
    就活性・求職者が腰掛ける「椅子カバー」
  • バックパネルに貼付する「ポスター」
    バックパネルに貼付する「ポスター」
  • ブースのバックパネルに掲げる「バックバナー」
  • ブースの両サイドに配置する「スタンドバナー」
  • 就活性・求職者が腰掛ける「椅子カバー」
  • バックパネルに貼付する「ポスター」

CREATIVE 02

採用パンフレット

制作コンセプト

説明会ツールのコンセプトをそのまま。
ワンソース・マルチユースが
会場で就活生に心地よく響く。

前述、合同説明会向けのブース演出ツールと同様のブランドコンセプトに基づき、この説明会場で配布する採用パンフレットの制作にあたります。
同社様の社員に対するきめ細かな心遣い、企業コンプライアンスや業界倫理観など、独自のスタイルで業界の他社とは一線を画す採用ブランドのコンセプト。
会場演出と登壇した人事担当の就活生への熱いトーク、そこで配布された採用パンフレット、そして終了後に再度開く採用パンフレットのリマインド効果。
企業理解から共感へと導く採用ブランディングのシナリオです。

採用パンフレットの見開きデザイン
採用パンフレットの見開きデザイン
  • 採用パンフレット表紙デザイン
    採用パンフレット表紙デザイン
  • 採用パンフレットの見開きp2-p3
    採用パンフレットの見開きp2-p3

    社長の就活性・求職者へのメッセージは、「人生の目標が1番、会社は2番でいい。」

  • 採用パンフレットの見開きp4-p5
    採用パンフレットの見開きp4-p5
  • 採用パンフレットの見開きp6-p7
    採用パンフレットの見開きp6-p7
  • 採用パンフレットの見開きp8-p9
    採用パンフレットの見開きp8-p9
  • 採用パンフレットの見開きp10-p11
    採用パンフレットの見開きp10-p11
  • 採用パンフレット表紙デザイン
  • 採用パンフレットの見開きp2-p3
  • 採用パンフレットの見開きp4-p5
  • 採用パンフレットの見開きp6-p7
  • 採用パンフレットの見開きp8-p9
  • 採用パンフレットの見開きp10-p11

CREATIVE CASE|クリエイティブ実績紹介

事例-02 オムニテクノ株式会社 様

ニホンを支えるカイシャです。

ニホンを支えるカイシャ

今やニホンの通販や流通業の物流倉庫には欠かせない、
『荷物搬送リフター』のパイオニアブランドを支える。
大阪発、ニホンを支えるカイシャのチカラ。

CREATIVE
  1. 1. 採用パンフレット
  2. 2. 採用サイト
  3. 3. 企業オフィシャルサイト
  4. 4. 企業リーフレット+ポケットフォルダー
企業紹介

所在地/大阪府八尾市
業 種/物流機械器具据付・保守メンテナンス


概 要
物流倉庫での垂直搬送システムのパイオニア、オムニヨシダ株式会社様のグループ会社として設立され、それらの機器・システムの据付とメンテナンスを事業とする企業。同機器の国内シェアは60%を超えるトップブランド。

CREATIVE 01

採用パンフレット

制作コンセプト

モノの流れをスムーーーズに、
『ニホンを支えるカイシャ』。
パンフもスムーーーズ。

同社様の取扱う主力機器、垂直搬送機「オムニリフターシステム」は、物流倉庫内に設置され稼働する。そこに機器据付作業や保守メンテンナンスを行う同社様。
いずれも一般世間からは遠く、その存在ではベールに包まれている。いわゆる裏方に徹した企業の姿。
しかしながら、このままストレートな正攻法で表現したのでは、就活生・求職者にはほとんど届かない。
これを何とか、主力のターゲットたる高卒生にしっかり伝えるだけでなく、就職担当教員、さらに生徒の父兄にも「ニホンを支えるカイシャ」の特徴、強みをしっかり周知させたい。

現代は”物流を制する者が勝利する”時代。
国内シェア60%以上の全国レベルの企業として、垂直搬送機でその一角を担う同社様だけに、
この際、「ニホンを支えるカイシャ」という力強いメッセージでその存在感を示し、
物流市場では絶大な支持を受け、その強みを伝えるコンテンツ設計。
それを巧みに表す手段として、垂直搬送機の仕組みを、パンフレットの加工ギミックを使い、製品の特徴や仕事内容を極めてわかりやすく伝えることとした。

さらに社内の風通しの良さ、社員間のコミュニケーションの良さやノリの良さから、先輩社員や社長直々の声で社風を巧みに表すことも含め、採用パンフレットのビジュアルトーンをイラスト調とし、人物写真やイラストを多用することで、同社様のビジネルのあり方を”オモテ舞台”へと引き出すことを実現する。
その表現方法として、「スムーーーズ」に垂直移動する同社様の「オムニリフターシステム」を、採用パンフレットの加工ギミックによる工夫で、求職者にちょっとした「スムーーーズ」さの体験をさせる。

このように見えにくい裏方の仕事、製品を、むしろ印象深く体験を交え、企業の強みや社風までもクローズアップする採用ブランディングの実践とする。

制作実績

採用パンフレット
スムーーーズな垂直上下動のギミック
スムーーーズな垂直上下動のギミック

4枚の写真で垂直搬送機「オムニリフターシステム」の上下動のあり方を、採用パンフレットのギミックで表現した。
左1枚目は全て閉じた状態の表紙、写真2枚目は表紙をめくった状態、3枚目、その右上にある矢印の突起を持ち上げ開いた写真、4枚目でその突起をさらに持ち上げ、フルオープンにした。
この黄色地の右側にあるフレームが上に順追って伸びていく。まさに同製品の垂直上下動をパンフレットの4ステップギミックで表現した。
取扱う垂直搬送機の物量倉庫内への据え付け、メンテナンスを事業とする、同社様独自のビジネスモデルを、就活生や求職者へ強く刷り込む、言わば採用ブランディングの根幹をなす。

この4ステップをアニメーションでご覧いただけます。
パンフレットのギミックアニメを表示 →

CREATIVE 02

採用サイト

制作コンセプト

コンテンツリソースの統一が、
刷り込みの深さと、
ブランドの価値を一層促す。

メディアミックスする視覚的な心地よさや、求職者への強いメッセージ性を追求し、前出採用パンフレットとの一体的運用を図る。
ただし就活生・求職者は、採用パンフレットより先にこの採用サイトに巡り会うことが多いため、ここで業界のパイオニア、取扱い製品の強み、そしてノリの良い社風など、その全容を簡潔に伝える工夫として、LP(ランディング・ページ)形式のサイトスタイルをとることとした。
ただLPとは言え、軽薄短小では特に高卒の担当教員や父兄に対し、企業の信頼性には至らないため、そこはLPの域を超えた詳細情報をライトボックスやポップアップ機能、パララックス効果で動きをつけるなどの様々な工夫と共に、後述するコーポレートサイト(LP)との相互連携を強め、一般的なオフィシャルサイトの枠組みとは遜色ない存在感を打ち出すこととした。

制作実績

オムニテクノ株式会社様|採用サイト
オムニテクノ株式会社様|採用サイト

CREATIVE 03

コーポレートサイト

制作コンセプト

【プロダクトブランド】

【サービスブランド】

で支え続ける100年の約束

採用ブランディングを採用専門メディアのみで展開していくのは限界があり、いくら採用サイトや採用パンフレット、その他採用ツールの出来が良く、就活生・求職者の支持を得られたとしても、「ではオフィシャルな会社概要は?企業データは?」と、次に進む段階では必ずと言っていいほど、ユーザーは採用主体の企業情報への関心に移る。
この連動、関連性は採用ブランディングを語るに避けて通れないこと。
そこで整備されていなかったコーポレートサイトの制作に着手することとなった。
特にグループ中核となる垂直搬送機「オムニリフターシステム」の生産企業オムニヨシダ株式会社様と、その機器据付・メンテナンスを担う同社様が両輪を成し、物流市場を支え、さらにこの先100年後も産業の公器として、支え続ける企業プレゼンスを主張する。
言い換えれば「プロダクトブランド」と「サービスブランド」の融合で、強いシナジーを発揮し、サスティナブルな成長を遂げるメッセージを発信する。

制作実績

オムニテクノ株式会社様|コーポレートサイト
オムニテクノ株式会社様|コーポレートサイト

CREATIVE 04

企業リーフレット

ポケットフォルダー

制作コンセプト

採用メディアと企業情報の一体化。
採用ブランディングの目指す、
理想のコンビネーション。

前出メディアのコーポレートサイトでも言及の通り、採用ブランディングはコーポレートブランドの裏付けがあって初めてそれらの相互作用が働く。
つまりこれらが一つにまとまり一体化されると、まさに理想的な組合せメディアとして効力を高める。
この際、メディアスペックとしては最小単位ではあるが、コーポレートサイトとコンテンツを同期させた紙媒体として、企業リーフレットの制作を提案。

この企業リーフレットと前出採用パンフレットの取りまとめ役として、ポケットフォルダーに収納管理する。

これら企業リーフレットとポケットフォルダーのデザイン性はコーポレートサイトに準ずるメディアミックスとし、企業ブランドのイメージ統一を図っている。

制作実績

  • オムニテクノ株式会社様|採用情報・企業情報の紙媒体集合
    オムニテクノ株式会社様|採用情報・企業情報の紙媒体集合

    【採用パンフレット・企業リーフレット・ポケットフォルダー】を集合させ、ポケットフォルダーに収納した。

  • 同、ポケットフォルダー表紙
    同、ポケットフォルダー表紙

    コーポレートサイトのファーストビューと同期させたデザイン。ワンソースで2つのメディアをカバーするから、ブランドイメージの統一が図られる。余談だが実はその他にも納期短縮、コストメリット、企業側担当者の負荷削減...とメリットは大きい。

  • 同、ポケットフォルダーの見開き
    同、ポケットフォルダーの見開き

    コーポレートサイトと統一メッセージの100年ミッション。

  • 同、企業リーフレットのオモテ・ウラ
    同、企業リーフレットのオモテ・ウラ

    これもコーポレートサイトとデザイン、色調、コンテンツを同期させた企業情報リーフレット。

  • 同、採用情報・企業情報の紙媒体集合
  • オムニテクノ株式会社様|ポケットフォルダー表紙
  • 同、ポケットフォルダーの見開き
  • 同、企業リーフレットのオモテ・ウラ

ブランド戦略・広告制作

One to One【オンライン】相談室

【全国各地対応・リモートワーク対応】

ブランディング構築、CI計画、Web制作、BtoBマーケティングなど、
ブランド戦略、広報媒体・広告制作全般、 オンラインにてご相談を承ります。

MORE →

お問合せ

TOKYO

東京赤坂
TEL: 03-6434-7037

お電話受付/10:00〜17:00(土日・祝祭休)

お問合せフォームへ
東京都港区赤坂4丁目9番17号 赤坂第一ビル4F

お問合せ

OSAKA

大阪梅田
TEL: 06-4400-5045

お電話受付/10:00〜17:00(土日・祝祭休)

お問合せフォームへ
大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル9F
【業務平常化へ向けた段階措置】ご案内