INNER BRANDING

インナーブランディング

企業のブランディングの取組みは、社内外の要因で捉えると、
社員や組織を対象とした内向きのインナーブランディングと、
顧客や様々なステークホルダーを対象とする外向きのアウターブランディング、
これらの2種類に大別できます。
ここでは主題のインナーブランディングについて、以下のメニューでその定義と、弊社のクリエイティブをご紹介します。

1. インナーブランディング考察

01)インナーブランディングが目指すもの

前段で言及の通り、インナーブランディングは社員に対し、企業理念をはじめブランド価値やビジョンなど、全社員を通じて統一的に理解させ、「自社のブランドイメージに誇りや愛着を持てる社員を育成する取組み」だと言えます。

これにより社員としての意識や行動を共通化でき、企業が目指す目標やあるべき社員像を社員全員が共通認識し、企業の求心力向上に大きな効果をもたらすこととなります。

その結果社員一人ひとりが自分の仕事にやりがいを持ち、士気、モチベーションをアップさせ、いわゆる「社員満足度」を高めることになります。
これは一方で労働環境や福利厚生の改善や充実、教育研修や人材開発にも、労務管理上の基礎要因として同時並行的に取組んでいくことが求めらます。
やはり働く条件が伴わなければ、いくらインナーブランディングに取組んだと言えども、社員は真に企業へのロイヤリティは発生しません。

これら取組みが社内に定着することになれば、必然的に仕事の品質向上をもたらし、対外的な顧客に提供する役務やサービスの品質向上にも直結していき、同時に「顧客満足度」をも高めることが可能となります。
インナーブランディングと言えども、これら一連の取組みや行動が、企業の業績アップや、コーポレートブランドのイメージアップが目指す着地点だとも言えます。

02)インナーブランディングの期待効果

このようにインナーブランディングの最終着地点は企業業績につなげていくことと、間接的にエクスターナルな効果にも波及されることは、そのロジックでおわかりいただけたと思いますが、その効果はそこに至る中間プロセスの各側面においても形成されていきます。
それを「社員レベル」「企業レベル」で実例的にまとめておきます。

【社員レベル】
  • 「社員満足度」とモチベーション向上
  • 仕事への誇りとやりがい向上
  • 社員の離職率低減
  • 社員によるブランド価値の社外発信
【企業レベル】
  • ビジョン統一による社内の一体感醸成
  • 経営方針・理念・ビジョンの社内浸透
  • 事業承継・世代交代による社内の再構築
  • M&Aや企業統合での社員意識の統一

03)導入に際しての危険性?

危険性というのは、インナーブランディングの導入にあたる動機や目的を明確に定義する重要性を心得ておくべき、ということです。
例えば中長期経営計画、M&A企業統合といったアジェンダでは、社員への目標意識の共有化、企業理念や規範の社内統一化など、導入する目的がはっきりしている場合は、只管そこに向かって取組むことでいいでしょう。
しかしながら問題は例えば”何となく社内の士気が落ちている”、”自社製品へ社員のロイヤリティが低く、仕事にも積極性が欠ける”、などといった漠然とした動機の場合です。
この場合危険を伴う可能性があります。
というのは、現状分析を疎かにし、あまり精査せずに早期に確定的な仮説を立ててしまう、いわゆる「予定調和」で結論づけしてしまうやり方です。
これでは問題の本質的な解決にはつながらず、効果は限定的となることがあるため注意を要します。

04)インナーブランディングから派生

そもそもブランディングは一般的に社会や生活者、マーケットに向け、外向きでその差別的優位性、個性や独自性を発揮するもの。それはやはりその根底に存在する企業の社員や組織に由来するものと考えられます。
つまりいくらコーポレートブランディング、採用ブランディング、プロダクトブランディングなどを展開するといっても、実はインターナルな土台の要因が固まっていないと、いくら価値ある取組みを行っても、効果は限定的かもしれません。

そういう意味からも、このインナーブランディングに取組むこと、或いはこれを基盤にすることが、コーポレート、採用、プロダクト、さらにアニバーサリー、ファッションなどのマーケットに向けたエクスターナルなブランディングにシナジーを与えることは確かだと言えます。
言い方を変えれば、インナーブランディングから派生して前述の各種ブランディングを展開することは、大変理にかなっていると言えます。

05)インナーブランディングとCIとの関連性

このインナーブランディングとCI(コーポレート・アイデンティティ)については、その定義を明確にしておく必要があります。
いずれも企業内の理念・価値観・ビジョンなどの統一的な浸透を図るものとして、同様に考えられることもありますが、実は似て非なるもので、ここは明確に定義をしておく必要があります。
CIはMI(理念の統一)・BI(行動/ビジョンの統一)・VI(視覚の統一)の3要素から構成されます。
これは企業の理念・哲学を御旗として表したもので、企業の統一規範を定めたものです。
しかしながら御旗を作っても、その御旗の意義や価値観を社内で周知徹底させ、社員の愛社心を醸成し、仕事への士気を高める取組みとは別問題です。
CIだけで終われば、「仏つくって魂入れず」でしょうか。
もうおわかりと思いますが、そこで登場するのがインナーブランディングの存在です。
そういう意味では、両者は似て非なるものには間違いありませんが、むしろCIを社内で確実に普及させ、社員の志を高めることにインナーブランディングを活用する出番となります。
もちろんCIだけでなく、例えば中長期経営計画や事業戦略転換、或いはリブランディングの機会やM&A・企業統合などとも、インナーブランディングとの親和性は高いと言えます。

2. インナーブランディング導入フロー

インナーブランディングを導入するにあたって、
「企業が現状かかえる課題が明確に存在する場合」、
「課題が概念的で漠然としている場合」、
それぞれのケースで導入手法やリサーチ項目、またアプローチの方法が異なります。
まず現状分析とヒアリング、ファシリテーションを重ね、課題を顕在化、可視化するプロセスを経て、導入支援を行います。

  1. 01現状分析・ヒアリング

    • 企業理解・組織・社員意識、企業風土
    • CI・企業理念、事業方針・経営計画
    • 労働環境・福利厚生、社内活動
  2. 02課題抽出

    • 社員意識調査
    • 理念浸透状況調査
  3. 03ソリューションプラン策定

    • 抽出された課題から仮説を立案し、ソリューションプランを策定
    • 期待すべき成果、目標設定をし共有
  4. 04ロードマップ策定

    策定されたマスタープランをフェーズ毎にスケジュール化し、プロジェクトのロードマップを策定

  5. 05メディア・ツール開発のクリエイティブプラン

    プラン実行するにあたって必要なメディア・ツール開発のクリエイティブを具体化

  6. 06プロジェクトチームによる活動

    社員から代表を選定し、定期・不定期で進捗状況報告、意見集約等

  7. 07効果検証

    マスタープランで策定された期待成果、目標の達成度を定量・定性で測定

3. 社内外広報のクリエイティブ開発

ここでは社内マターと社外マターに分けて、クリエイティブの開発についてどのように展開するのか説明します。
しかしながらその基本は、インナーブランディングですので、インナーツールが主体となり、そこから派生して各種の広報ツール展開となります。

【インナー向けクリエイティブ開発】
  • コーポレートスローガン
  • クレド
  • コミュニケーションマーク
  • ブランドブック
  • 社内報
  • CI計画
【アウター向けクリエイティブ開発】
  • 採用サイト
  • コーポレートサイト
  • ブランディングサイト
  • 会社案内

4. インナーブランディングのクリエイティブ事例

CREATIVE CASE|クリエイティブ実績紹介

井上株式会社 様

ビジョナリーカンパニーの
「優しい」インナーブランディング

70有余年、京都丹波で地場に根ざして発展してきた企業。
三代目社長への世代交代から、
大きく既存の枠組みを超え、
ビジョナリーカンパニーとして、オールINOUEで次世代の成長戦略を描く。
その根底には、常に社員に優しい企業風土があるから強い。

CREATIVE
  1. 1. コミュニケーションマーク【コーポレートバージョン・キャラクターバージョン】
  2. 2. キャラクター【伝説の電設マン】
  3. 3. キャラクター関連ツール【紙バッグ・社章・採用説明会ツール・トロフィ・パペット】
  4. 4. 70周年アニバーサリーロゴ
  5. 5. コーポレートサイト
  6. 6. 採用サイト
  7. 7. iアカデミー/パンフレット
企業紹介

所在地/京都府福知山市
業 種/電設工事、通信・電気設備システム開発設計
代表者/
社員数/102名


概 要
創業70年を超える福知山市の地場優良企業。その商圏は丹波・丹後・但馬地方。事業ドメインの電設工事・電設システム開発を基盤にした、IoTシステム開発の新事業分野への積極展開・設備投資は、展示会出展や産学共同開発にも乗り出し、同社の次期成長戦略の要。地方から全国企業へとエネルギッシュに羽ばたく同社は、これからの躍進が期待される。
2018年経済産業省「地域未来牽引企業」認定、2019年には京都経営品質賞「優秀賞」を獲得する栄誉を誇る。

CREATIVE 01

コミュニケーションマーク

開発コンセプト

三代目として事業承継された若き現代表の井上社長。同社長の音頭で策定された中長期経営計画のコーポレートスローガン、「BE(Beyond Expectation)」【期待を超える】が同社様から発表され、それに伴うスローガンのシンボルマーク化を実施。そのユニークで心地の良いロゴスタイル、そこにタグライン化されたタイポグラフのビジュアライズにより、社員は目指す目標が、いつもダイレクトに視覚に翔び込んでくる。
まさにインナーブランディングが目指すそのものであると言える。
しかしながらこのマーク自体は、中長期経営計画に即したもの。つまり時限リソースとしての存在。次期計画の際には新たなビジョンが策定され、新たに視覚化されたスローガンの誕生となる。

開発実績

Beyond Expectation 期待を超える
BE
コミュニケーションマーク|コーポレートバージョン

「BE」を翼に見立て、顧客の期待を翔び超えていく力強いエネルギーを表現した。コーポレートユースだけに、企業公式サイトや会社案内等の広報媒体を飾る。ただ次期計画ではこれが置き換わることも…。

BE
コミュニケーションマーク|キャラクターバージョン

キャラクターバージョンは、後述する弊社で創作したコーポレートキャラクター「伝説の電設マン」が、7色のリングから外に飛び出す、つまり【期待を超える】スローガンをアクティブに表現。

CREATIVE 02

キャラクター開発

開発コンセプト

「人知れず粛々」とした企業の姿が、愛すべき”忍びの童”に変身。
[ 伝説の電設マン ]
見参!

実は前出のコミュニケーションマーク、キャラクターバージョンに登場したのがこの「伝説の伝説マン」。インナーブランディングの枠組みで系統的に開発していった、というものではないですが、開発より6年を経過して、今日ではもはや欠くことができない程、マスコットとして完璧に社内で定着していったと言え、社内の随所、広報クリエイティブの各シーンで見参!といった塩梅でしょうか。
中期経営計画のコーポレートスローガンにも登場することからしても、社内での存在感の大きさを知ることができます。

その誕生した経緯に少し触れておきたいと思いますが、
実はこの「伝説の伝説マン」、井上社長の指示に基づき、コーポレートサイトや採用サイトを制作するプロジェクトチームと弊社のセッションの渦中で誕生したもの。
これら企業の広報媒体をつくるにあたって、単にファクト的な企業情報発信に終始するのでは、世のステークホルダーや就活生・求職者に、本質的な会社の特徴や社風までは伝え切れない。

「何とか自分たちのことや、会社の存在を何かうまく伝えられないか?」

和気あいあいと楽しみながらのセッションを進めていく中から、自分たちの化身となるようなマスコットが面白くないか?と知的な好奇心が湧き上がることとなりました。

  • 70年も前から丹波、丹後、但馬を中心に地域経済を支えてきた
  • 縁の下の力持ちと言える電設、通信システム事業
  • ポジティブな意味での『黒子』

このような与件から、
「人知れず粛々」と水面下で情報(インテリジェンス)を担う活動をする「忍者」。
存在やビジュアルは愛らしくもどこか知性を感じさせる子供忍者。
「縁の下の力持ち」と言われると嬉しい。
というのがコンセプト。

さらにネーミングは、言わば同社の社歴と事業ドメインを、同音異義語で巧みに語呂を効かせた、

その名を「伝説の電設マン」!

社員レベルの発想から生まれた、まさにインナー由来の自分たちの化身。
ここにトップダウンとボトムアップの融合で、コーポレートキャラクターの誕生を見ることとなりました。

開発実績

【伝説の電設マン】のコスチュームカラーを変えることで、そのミッションの割り振りをした。

【黒】=企業全般の広報ミッション
【青】=採用活動シーンを担う
【赤】=社員教育【iアカデミー】がミッション
【白】=IoT担当

  • 【伝説の電設マン】ベーシックタイプ
    【伝説の電設マン】ベーシックタイプ
  • creative02-slide02
    【伝説の電設マン】リクルートタイプ
  • creative02-slide03
    【伝説の電設マン】iアカデミー(社内研修制度)タイプ
  • creative02-slide04
    【伝説の電設マン】IoTタイプ
  • creative02-slide01
  • creative02-slide02
  • creative02-slide03
  • creative02-slide04

CREATIVE 03

キャラクター関連ノベルティ・グッズ

制作実績

前項「クリエイティブ-02」の経緯で誕生したコーポレートキャラクター、社員の気持ちが入らないはずが無い。
以下の様々なノベルティやグッズ、さらには企業ツールにも展開されていきました。
さらに弊社が関与しない、動画やパペットにまでに発展するほど、全社員のキャラクターに対する愛着への貪欲さは脱帽です。
やはりトップダウンのリーダーシップとボトムアップのインナーブランディングの志が、全社員へ伝播し、それを側面的に弊社がしっかり下支えしていくという取組み、この構図がうまく相乗的に活かされることとなっています。
これが自律した、本来的な自社ブランディングへの取組みの何者でもないと言えます。

  • 紙バッグ
    紙バッグ
  • creative03-slide02
    合同説明会ブースの演出ツールに登場
  • creative03-slide03
    年間優秀社員に贈る「電設マン」トロフィー
  • creative03-slide04
    マルチに貼れるシールとスマホ用再剥離ステッカー
  • creative03-slide01
  • creative03-slide02
  • creative03-slide03
  • creative03-slide04

CREATIVE 04

70周年アニバーサリーロゴ

開発コンセプト

  • 紙バッグ
    創業70周年ロゴデザイン
  • creative04-slide02
    創業70周年ロゴデザインのVIマニュアル
  • creative04-slide01
  • creative04-slide02
70年の社員総意の感謝を胸に。
ここにも伝説マンが。

「感謝をエネルギーに」のコピーが軸。
それを童(わらべ)忍者キャラクター「伝説の電設マン」=社員全員の化身、が代表し、井上の総意として、顧客やビジネスパートナー、地域住民の方々。
さらに社員への感謝の気持ち。これは代表の井上社長の”優しさ”と断言できます。
「感謝をエネルギーに」というコピーは、将来に向けた企業の進化の姿を表現しました。

CREATIVE 05

コーポレートサイト

リニューアルの経緯

企業成長を裏付ける、
フラッグシップのブランディングサイト

前コーポレートサイト制作に弊社が携わって約3年を経過、中期経営計画を前倒しで達成する成長ぶりを受け、事業内容の変化、就中、IoT領域挑戦の機が熟し、「製造のIoT」色の強化を図る必要性からリニューアルを図ることとなりました。
「井上」の企業全貌を包み隠しなく発信し、深い企業理解の促進役として、そのミッションを担うサイト設計、コンテンツ設計とし、コンテンポラリーの井上を余すところなく発信。
まさにコーポレートブランドを語るに相応しいフラッグシップサイトです。

サイトのビジュアルトーンとして、明るく爽やかな色遣い、イラストやピクトアイコンを多用、さらに随所に社員が積極的に登場する写真遣いが特徴。

まず最初に何と言ってもファーストビューにて、インナーブランディングの象徴、コーポレートスローガンの「期待を超える」ロゴが、スライドのセンターから目に飛び込んできます。

次に前述のIoT事業については、メインのイメージにここでも「伝説の電設マン」を起用。ソリューションのあり方や課題提起により、閲覧ユーザーへのメッセージに花を添えています。

さらに社内の随所で取組む社員主導による「i-lab(アイ・ラボ)」「iアカデミー」。前者は技術革新や新分野研究のための有志の研鑽機会。また後者は新入社員の教育・人材育成プログラム。3年間かけてじっくり職業人を育成する全て自社オリジナルの研修システムです。

このようにコーポレートサイトで社内活動情報を詳細に発信することは、インナーブランディングの取組みをアウトバウンドさせる手法として活かされています。

制作実績

コーポレートサイトTOP
コーポレートサイトTOP

サイトメインイメージのセンターには「コーポレートスローガン」とそのシンボルマークが配置されている。

「製造IoT」ページ
「製造IoT」ページ

同社が成長戦略と位置付ける製造IoTのソリューションのスタイルを紹介している。

「iアカデミー」ページ
「iアカデミー」ページ

赤い装束をまとった「伝説の伝説マン」が新入社員をナビゲートする。

「伝説の伝説マン」紹介ページ
「伝説の伝説マン」紹介ページ

企業と社員の化身である彼を、もはやオフィシャルサイトで紹介しない手はない。

CREATIVE 06

採用サイト

サイトの概要

独自のスタイルをとる「優しさ」をはじめ、
INOUEインナーブランディングの集大成。

コーポレートサイト同様、前作にも弊社が携わりました。

実はこの採用サイトには、職場環境、福利厚生、教育制度、評価基準、企業風土等、インナーブランディングを創造する要素のほとんどがインクルードされている、と言っても過言ではありません。

その代表格が、採用サイト全編で語る社員へ優しい企業風土。そんな企業へ誘う「優しい人大募集!」というキャッチコピー。そこでは同社様の優しさの法則をきちんと解説する愚直さ。
そこまで言い切る社員に「優しい」職場環境、社内制度は他社には無い大きな特徴。
これが採用サイト全編にわたるのだから、すでに採用ブランディングとも言えるほど同社独自のファクターであると言えます。

次に「FEEL INOUE」。
”競い合うより助け合い” 他人と比較する評価ではなく、個人の絶対評価がこの企業の基本。
「相互支援型フラット組織」を打ち出しています。

また社員一人ひとりの個性も重視すると同時に、チームワークのシナジーを重用する環境も、この採用サイトの随所で触れています。

このようにインナーブランディングのディテールにまで言及していき、そしてこの取組みをアウトバウンドさせる媒体として、この採用サイトはコーポレートサイトと一体的にそのプレゼンスを示しています。

制作実績

採用サイトのTOP
採用サイトのTOP

「優しい人大募集!」のメッセージ。社員方々と伝説マンが宝=優しい人探し(社員探し)の航海に。

「FEEL INOUE」のページ
「FEEL INOUE」のページ

キーワードで感じる「社風」と「成長」!と称して、「競い合うより助け合い」の精神はじめ、そのきめ細かな社員への優しい心配りがキーワードで示され、紹介している。

「ある日の立ち話」ページ
「ある日の立ち話」ページ

カジュアルな社員の会話のページ、ここには社長も絡んでる。

「iアカデミー」ページ
「iアカデミー」ページ

隣り合わせのコーポレートサイトエリアになるが、企業としての重要制度のため、あえて採用サイトを飛び越えて掲載。しかしながら就活生・求職者の共感を高めるキラーコンテンツ。

CREATIVE 07

採用パンフレット

制作コンセプト

採用説明会で、その存在感を示す、
インナーブランディングの発信媒体。

前出採用サイトとデザインを同期させた採用パンフレット。
採用サイトとメディアミックスさせ、一体的に制作を行い、「優しさ」の企業風土を、採用Webとは異なるタッチポイントで発信します。

つまり、各種の企業説明会終了後、就活生・求職者が持ち帰る採用パンフレットの存在感、つまり持ち帰ってのリマインド効果を狙う、また親族等の関係者共有媒体としての役割から、採用サイトとはその役割を変えることの媒体適正を求めました。

コンテンツは採用サイトの原型を保ちつつ、合説会場などでの同社と学生との一瞬の出会いの中で、学生が直感的に一覧できるよう、あえて両観音開き8ページ構成とし、学生は4面フルオープンのオーバービューで、会社や事業、企業風土を俯瞰的に関連づけて捉えることができるため、拾い読みでも断片にならず、企業理解を高めることを可能としています。

このような形でWebとパンフレットの両媒体をクロス展開し、首尾一貫した主張を唱えることは、インナーブランドを学生の心理に強く刻み込むこととなります。

  • 採用パンフレット
    採用パンフレット
  • 採用サイトTOPと同期させた4面見開きのダイナミックなデザイン
    採用サイトTOPと同期させた4面見開きのダイナミックなデザイン
  • 採用パンフレット
  • 採用サイトTOPと同期させた4面見開きのダイナミックなデザイン

CREATIVE 08

『iアカデミー』パンフレット

開発コンセプト

INOUEパーソンを創り上げる独自のエデュケーション。
インナーブランディングの原点。

コーポレートサイト内の重要コンテンツとして前述紹介した、同社様の人材育成制度「iアカデミー」の案内パンフレットです。
36ヶ月と永きに渡り、新入社員を大切に、丁寧に、職業人に育てていく、独自の際立つ自社教育プログラム。4ステージをクリアしながら進めていくそのハードルはそれなりに厳しい。
ただ匠の技を持つ熟練の”優しい”INOUEパーソンがその教育・伝承の任にあたる。
その傍ではiアカデミーのホストとして赤い伝説マンもしっかりと彼らをサポートする。
その絶妙な一致連携した体制が、優しいインナーブランディングの象徴と言えます。

一方で合同説明会や企業採用説明会では、前述採用パンフレットと合わせて就活生・求職者に手渡す媒体として、その存在感を表しています。

  • 「 iアカデミーパンフレット」
    「 iアカデミーパンフレット」
  •  iアカデミーパンフレットの表紙
    iアカデミーパンフレットの表紙
  • 中面デザイン
    中面デザイン
  • 同「 iアカデミー」のコーポレートサイトのページ
    同「 iアカデミー」のコーポレートサイトのページ
  • 「 iアカデミーパンフレット」
  •  iアカデミーパンフレットの表紙
  • 中面デザイン
  • 同「 iアカデミー」のコーポレートサイトのページ

ブランド戦略・広告制作

One to One【オンライン】相談室

【全国各地対応・リモートワーク対応】

ブランディング構築、CI計画、Web制作、BtoBマーケティングなど、
ブランド戦略、広報媒体・広告制作全般、 オンラインにてご相談を承ります。

MORE →

お問合せ

TOKYO

東京赤坂
TEL: 03-6434-7037

お電話受付/10:00〜17:00(土日・祝祭休)

お問合せフォームへ
東京都港区赤坂4丁目9番17号 赤坂第一ビル4F

お問合せ

OSAKA

大阪梅田
TEL: 06-4400-5045

お電話受付/10:00〜17:00(土日・祝祭休)

お問合せフォームへ
大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル9F