創立者は、
『日本夜明けの立役者』
『最高額紙幣の肖像』
海外留学生に大きな気付き

世界で通用するFactを活かす。
着眼点は外国人の興味。そのキーワードは…
「Tokyo」「漢字」「古書」
「$」「£」、そして「諭吉と¥」。

CREATIVE
  1. 1. 大学院の海外留学生パンフレット
学校紹介

所在地/東京都港区三田
学部研究科/慶応義塾大学経済学部・大学院経済学研究科


概 要
国際的に活躍する教授陣による密接な指導により、経済現象を適切に分析し深く考察できる、高度な研究能力を持つ研究家を養成し、学界のみならず、実社会における問題解決のために活躍できる人材を送り出すことを、使命とする大学院。多くの経済学専門科目を英語で開講している。

BRAND CONCEPT

学部・大学院のブランドコンセプト

背景

日本国内では押しも押されぬ有名難関私大の同大大学院。
意外だが、海外での知名度はそこまで高く無い。その現状をどのように打破し、海外の留学希望者、いわゆる留学予備軍に同大学院へ強い関心を持ってもらい、入学志望につなげていくか…
各国の留学イベント、留学説明会に参加し、同大学院をPRするパンフレット。
手渡しあり、陳列ありの会場で、あらゆる場面設定を想定して、いかに留学志望生に興味を持たせ、同大学院への入学志望につなげるか。
この命題に大学・大学院のブランディングを軸とした概念で、取り組むこととなった。

弊社の提案

その骨子は、まず創立者の『福沢諭吉』翁に着目。
しかしながら単に『福沢諭吉』翁を前面に押し出しても、それは海外の留学生予備軍に関心どころか、
その効力は限定的。
そこでその『福沢諭吉』翁の往時の日本開国、明治維新の立役者であることに端を発する、日本円(¥)の最高額1万円紙幣に、日本の偉人としてその肖像がのっていること、その偉人が創立者となった大学であることを訴えることが、最も予備軍への説得材料になる、と想定しました。
英国1£(ポンド)にはエリザベス女王、米国1$(ドル)紙幣には大統領ワシントンが、それぞれ肖像としてデザインされています。

日本では『福沢諭吉』翁。

さらに西洋では漢字が静かなブームであり、折しも2020年は東京オリンピック、またインバウンド需要による日本=JAPAN、東京=TOKYOも世界レベルでブーム。
『福沢諭吉』翁の時代に関連付け、ビンテージ感のある紙面デザイン、レトロな篆刻(てんこく)も、粋な味つけとして、そのブランドイメージを強く印象付けています。

まさに国内で持てるブランド力を、海外でいかに発揮させるか、この命題に客観的思考と情報分析で取り組んだ、スクールブランディングと言えます。

CREATIVE

パンフレット制作

パンフレット制作実績

  • 慶応義塾大学経済学部・大学院経済学研究科|パンフレット表紙
    慶応義塾大学経済学部・大学院経済学研究科|パンフレット表紙

    パンフレットの表紙は古書風ビンテージタッチ。「KEIO」にかかった朱色の篆刻がとても日本的。「TOKYO,JAPAN」が、そのアイデンティティの国を象徴し、留学志望生へそのプレゼンスに気付きを与える。

  • 同大学院パンフレット、2-3pの見開き
    同大学院パンフレット、2-3pの見開き

    見開き左下の「諭吉翁」の画像エリアにコラージュされているのが、当人が載った我国の1万円札。そこに一緒に大統領ワシントンが載った米国1ドル札、エリザベス女王が載った英国1ポンド札。その傍に英文でその米国、英国との相対的な存在感の高さが説明されている。

  • 同大学院パンフレット、4-5pの見開き
    同大学院パンフレット、4-5pの見開き
  • 同大学院パンフレット、6-7pの見開き
    同大学院パンフレット、6-7pの見開き
  • 同大学院パンフレット、8-9pの見開き
    同大学院パンフレット、8-9pの見開き
  • 慶応義塾大学経済学部・大学院経済学研究科|パンフレット表紙
  • 同大学院パンフレット、2-3pの見開き
  • 同大学院パンフレット、4-5pの見開き
  • 同大学院パンフレット、6-7pの見開き
  • 同大学院パンフレット、8-9pの見開き

ブランド戦略・広告制作

One to One【オンライン】相談室

【全国各地対応・リモートワーク対応】

ブランディング構築、CI計画、Web制作、BtoBマーケティングなど、
ブランド戦略、広報媒体・広告制作全般、 オンラインにてご相談を承ります。

MORE →

お問合せ

TOKYO

東京赤坂
TEL: 03-6434-7037

お電話受付/10:00〜17:00(土日・祝祭休)

お問合せフォームへ
東京都港区赤坂4丁目9番17号 赤坂第一ビル4F

お問合せ

OSAKA

大阪梅田
TEL: 06-4400-5045

お電話受付/10:00〜17:00(土日・祝祭休)

お問合せフォームへ
大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル9F