User's Voice

HOME >> お客様インタビュー

voice06 BtoC

車椅子 老舗メーカーのブランドスピリッツで 効果的BtoCプロモーションを展開。

お客様のリクエスト 消費者を獲得する「BtoC広告」

導入媒体とプロモーション概要

製品カタログ 独自のブランドスピリッツを反映した製品カタログを販売用とレンタル用に分け制作。営業活動向けに特化。
製品カタログ オフィシャルサイト、レンタル専用サイト、販売専用サイトの3サイトに細分化してサイト群を構築。 同一ドメイン内ではあるがそれぞれが独立したサイトとして機能。各サイトはヤフーカテゴリ登録。
製品カタログ サイト群のうち、レンタルサイトにはSEO対策を実施。Google、Yahooで検索順位1位を獲得。車椅子ユーザーをターゲットにウェブ反響で大幅な新規顧客拡大を実現。車椅子レンタル売上に大きく貢献し、ウェブ販売チャネル確立の礎となった。
製品カタログ 包括的企業ブランディングを実施。CI計画構築に伴い、企業ロゴマーク、コンセプトワード、並びにコミュニケーションマークを確立。まずは社員のモチベーションアップを目的に、企業の将来への安定成長、発展を目指すブランドビジョンを確立した。

インタビュー

ブランドスピリッツを伝えてくれるカタログの誕生。

広告会社を探すのに、100社以上ものサイトをご覧になられ、弊社に行き着いたと伺っておりますが、弊社にご依頼された経緯をお聞かせください。

それはやはり弊社の現状を踏まえた分析力ですね。当初から一般的なカタログに疑問を持っていた私は『カタログらしくないカタログ』をつくりたい、また車椅子老舗ブランドを築いた先代にかわって、世代交代という節目を迎え、様々な広告物を刷新したい、という想いを漠然ともっていました。初めてアイムアンドカンパニーさんにお会いした際、『カタログの機能性はもちろんのこと、御社の開発力、技術力、そして老舗の歴史と信頼感が伝わる一冊』というご提案をいただきました。このうやむやとした私の想いに、具体的な答えが出た瞬間でした。結果、弊社のブランドスピリッツを伝えてくれる至高のカタログが生まれました。

それがちょうど5年前。アイムアンドカンパニーさんと二人三脚で始まった取引の第一歩でした。この表紙には弊社の歴史と伝統、さらに将来への飛躍を表現している、と聞いて北島ととても感激しました。シンプルだけどコンセプチュアルな、私たちの想いが凝縮された表紙でした。まさに『カタログらしくないカタログ』たるゆえんですね。もちろん現在でも、弊社の新規顧客獲得に大きく貢献してくれています。

ウェブルートの新たな販売チャネルの確立。

その後オフィシャルサイトのリニューアルとブランディングサイト(車椅子レンタルサイト)の立ち上げ、またSEO対策を提案させていただきましたが、経過はいかがですか?

オフィシャルサイトリリースに続き、車椅子レンタルサイトをリリースしましたが、このデザイン性、機能性が高く、お客様並びに業界関係に至るまでも評価をいただいています。洗練されたデザイン、使い勝手の良い操作性等どれをとっても、ともすれば保守的になりがちな業界特性からして、とてもエポックメイクなサイトになりました。

サイトのリリース後間髪を入れずSEO対策を実行いただきましたが、当初ははたして車椅子のレンタルをインターネットを使って探している人がいるのか、とても懐疑的でした。しかしながら対策実行後、対策キーワードが検索結果で徐々に上位に上がると同時に、ウェブサイトからの問合せが来るようになりました。「へー、ホームページからお客さんが来るんだ」と、その時点でも半信半疑で戸上と言い合った記憶があります。 現在では弊社のレンタル部門売上の根幹をなすようになり、まさしく、新たな販売チャネルとしてとても機能してくれています。 またウェブサイトからは資料請求の要望もあり、その際もちろん制作いただいたカタログ2誌をお送りして、拡販に大いに役立てています。

ケイアイブランドを徹底させたBtoCサイト群の完成に向けて。

世代交代されたあと、御社は着実に成長されてこられましたが、将来を見据え、一度足もとをしっかりと見つめなおす機会をもたれたい、というご相談に、弊社で企業ブランディングと、オフィシャルサイトのリニューアルをご提案させていただきましたね。

会社が新しいステージを迎えるにあたり、弊社の存在意義や事業ビジョンを明確にすると同時に、社員のモチベーション向上を目的としたスローガンやシンボルが必要と感じていました。アイムアンドカンパニーさんに相談させていただいたところ、包括的なCI計画、VI計画のブランディングをご提案いただきました。またこれを機に少々陳腐化してきたオフィシャルサイトも大きく一新し、オフィシャルサイトから車椅子のオーダーメイド事業を分離させ、<オフィシャル>−<販売専用/オーダーメイド>−<レンタル専用(既に制作済み)>の3部構成のサイト群構築の提案がありました。なるほど。構築したブランディングを終始一貫、隅々まで反映させるためにも、ウェブ販売チャネルをさらに成長させるためにも、アイムアンドカンパニーさんのこの提案が最適だと直感しました。

企業ブランディングでは、新しい会社ロゴマーク『希望の轍』を採用。社員の結束力強化とモチベーション向上を目指したコミュニケーションマークは『ENJOY!』を採用しました。弊社の企業理念や複雑な要望を見事に視覚化してくれたアイムアンドカンパニーさんには大変感謝しています。
オフィシャルサイトとオーダーメイドサイトは現在構築中で、4月に向け社員一同リリースを楽しみにしています。
(2009.03.01現在)

「会社ロゴマーク」と「コミュニケーション・マーク」に託す思い

会社ロゴマークはケイアイ様の歴史と未来が融合した「今までとこれから」をテーマに、車輪の軌跡をモチーフとした「希望の轍(わだち)」。社員意識の向上を目的とするコミュニケーションマーク「ENJOY!」は、社内のみならず製品や名刺などにも添えられており、ケイアイ様からお客様へのメッセージとしての役割も果たしている。



右から戸上部長、北島社長、弊社代表村田

ページの先頭へ戻る

Ploducts

CI・VI計画

オフィシャルサイト

販売・オーダーメイド専用サイト

レンタル専用サイト

販売カタログ

レンタルカタログ

ページの先頭へ戻る

お客様事例

本事例をPDFファイルでご覧頂けます

PDFお客様インタビュー(1.17MB)

お問合せ

本事例に関するお問合せ

お問合せはこちら

ページの先頭へ戻る

その他のインタビュー

ページの先頭へ戻る

お客様インタビュー

広告・WEBのご相談承ります。

広告相談室